藤井歯科

地図・交通案内

お問合せ

サイトマップ

tel0745-82-0002 fax0745-82-0126

〒633-0253 奈良県宇陀市橿原萩原2595

アクセスマップ

藤井歯科

tel0745-82-0002 fax0745-82-0126

〒633-0253 奈良県宇陀市橿原萩原2595

診療案内

咬み合わせ

image

 かみ合わせは古代人の頃は顎が大きく、成長と共に一様にきれいに完成し、自然に歯がすり減ることによって安定していたと考えられています。
  現代は軟らかい食品を食べ、古代と違い食品中に異物も混入していません。よって、現代人は咬む筋肉と顎の骨の発達が不完全な人が多くなってきています。(アレルギーなどで鼻呼吸せず、口呼吸することも顎の発育に大きく影響します)

 これは成長過程で決定付けられることが大半で、あとは成人後のお口の手入れ不足や不適合なかぶせを放置したり、歯が抜けたままにしておくと元々きれいな咬合の人でもかみ合わせはズレてきます。そして人体の構造上、頭蓋骨は背骨に垂直に乗っていますから体の歪みも顎そのもののズレを招き、二次的に咬合への影響もでてきます。ということは個人個人全く顔が違うようにかみ合わせも千差万別と考えるべきです。その個人の成長過程でできあがった咬合が、その後の様々な人体全体の変化によりズレてきても再び生体の許容する範囲にまで戻すことができるかどうかは歯科医の技術にかかってきます。(ということは歯科医は整形・整体・カイロプラクティックとの連携も必要ということになります。)
  咬合治療は歯科の最も基本でありながら最も難しい治療のひとつとなります。
部分的な修復で済むケースもあれば、歯列矯正や全顎修復までしないと再構築できないケースもあり診査・診断が非常に大切であり、建築における設計図と同じ意味を持ちます。(咬合は全身への影響が大きいためこの治療は非常に大事であり、その人に合わせた治療を必要とします)
  今まで何度やり直してもうまくかめない・しっくりこない悩みを抱えておられる方はどうぞご相談下さい。

image

image

image

Page Top