藤井歯科

地図・交通案内

お問合せ

サイトマップ

tel0745-82-0002 fax0745-82-0126

〒633-0253 奈良県宇陀市橿原萩原2595

アクセスマップ

藤井歯科

tel0745-82-0002 fax0745-82-0126

〒633-0253 奈良県宇陀市橿原萩原2595

診療案内

義歯

image

 俗にいうところの入れ歯ですが、当然複数の歯を失ったところに補う人工の歯のことです。虫歯や歯の神経の治療であれば「歯根」が顎の骨の中に残っているのでかぶせやブリッジといった固定式のものでくっつけてしまいますからあまり違和感は出ません。
  それに対し義歯の場合は顎の粘膜(歯茎)の上に乗せて使うものですから可撤式(着脱式)となります。取り外せるということは逆に言えばかぶせなどに対し安定が悪いことを意味します。中でも部分床義歯(部分入れ歯)であれば残っている歯の方向性を正し(かぶせ直し)、義歯と一体化させることでかなり安定の良さを期待できます。


  全部床義歯(総入れ歯)であれば残っている歯は無いわけですから部分床義歯よりも更に不安定なことが多くなります。

image


型取りから始まり、かみ合わせの採得、人工歯の並べ方、調整の仕方により義歯の仕上がりはかなり変わってきます。元々何も無いところに咬む・話す・飲み込む等の機能を持つ人工臓器を作らねばなりません。ただ単に歯のくっついた人工物をのせているだけでは満足な生活は送れる筈もありません。歯科治療の中で最も作る側の技術が仕上がりを左右するものです。ただし、超高齢化社会の今日では使用する材料や作業手順など保険では賄えないほど大変難しいお口の中になってしまわれた方もたくさんおられます。
「人工臓器」と呼べる程の仕上がりの良い義歯は手間も時間も相当かけないと期待できないことも多いのです。
  よく相談のうえ作成方法を決めていきます。お困りの方はご相談ください。

Page Top